フォトアルバム

アクセスランキング

海上保安庁 Feed

2021年1月 7日 (木)

海上保安庁 巡視船「あきつしま」令和2年12月

Dsc_07021 年の瀬も迫る12月中旬、日本最大級の海上保安庁巡視船「PLH32 あきつしま」が入港しました。船尾のヘリコプター格納庫を見ると分かる通り2機のヘリコプターを搭載出来ます。

Dsc_07081 入港前日にHABUアンカーに錨泊し翌日に入港しました。

Dsc_04581左舷の錨を投錨

Dsc_04591 早朝、自走により入港、タグに曳かれ入渠

Dsc_04701

Dsc_04711

Dsc_04731

Dsc_04811

Dsc_04831

Dsc_04841

「あきつしま」のスペックは以下の通りです。

平成25年11月竣工

全長:150m、幅:17m、総トン数:約6,500t

主要装備:40mm機関砲x2(船首・船尾)、20mm機関砲x2(船橋両サイド)、ヘリコプターx2、遠隔監視採証装置遠距離(夜間においても捜索監視が出来る能力を持ったカメラを搭載)

点検・整備を済ませ新年に向け仕事納めの翌日に出港しました。

Dsc_06861 造船所のUW旗に対して「あきつしま」がUW1の返礼旗を掲げています。

Dsc_06881

Dsc_06901 Dsc_06961 我々もUW旗を掲げ帽子を振ってお見送りです。

Dsc_06971 そうすると「あきつしま」からも帽子を振ってくれました。

Dsc_06991

Dsc_07021_2

Dsc_07101

Dsc_07121

Dsc_07151

Dsc_07171 面舵を取り本線航路から母港横浜へ向け航行していきました。

「あきつしま」のご安航をお祈り致します。

2020年10月11日 (日)

海上保安庁 巡視船「せっつ」延命工事を終え因島出港 令和2年9月

Dsc_005011 第5管区神戸海上保安部所属のPLH07「せっつ」が約7か月間におよぶ大規模な延命工事を終え9月末にJMU因島工場を出港しました。

延命工事とは、その名の通り通常ではもう退役してもいい年数を経過している船をオーバーホールや最新の機器の増設や置換(更新)を行い延命を図るものです。PLH01「そうや」から始まってPLH07「せっつ」まで7隻のヘリコプター搭載巡視船が35年を経過したタイミングで延命工事を行っています。1年前にはPLH05「ざおう」が同じJMU因島工場で約32億円を掛け(新聞記事)延命工事を行っていますが、今回もほぼ同様な内容での工事を行っていると思います。この様に35年も経過した巡視船を延命工事により使い続けるのはヘリコプター搭載船の建造費が延命工事の10倍以上掛かり、予算の問題で新造船を作るより現状維持の船舶数を確保する為だそうです。

朝早くから堤防で待ち構えているとタグに曳かれてやって来ました。

Dsc_00401 離岸し方向転換しこちらに向かって来ます。

Dsc_00421

Dsc_00441

Dsc_00481_2

Dsc_00551

Dsc_00571

Dsc_00511 帽子を大きく振って別れを惜しむと操舵室から保安官の方が出て同じく帽子を振ってくれました。*少し撮影のタイミングがずれました。

Dsc_00521

Dsc_00621

Dsc_00641

Dsc_00651

Dsc_00671 速度を上げ本船航路へと向かいました。”ご安航をお祈りします”。

冬まだ寒い2月中旬「せっつ」が夕方やって来ました。沖合で錨泊し翌日の入港です。

211_dsc10131

_dsc10211 新日本海フェリー「はまなす」出港と入れ違いに入港です。

_dsc10231

_dsc10241

_dsc10271

_dsc10281

_dsc10302

UW2(歓迎)旗を掲げ、手を振ると沢山の保安官の方達が手を振ってこたえくれました。

_dsc10321

_dsc10371 接岸する時は右端に見えるウインチでワイヤーロープを巻き取ります。この時タグボートは反対方向にテンションを掛け(沖合に引っ張り)ユックリと接岸させます。

入港して2日後には入渠(にゅうきょ:ドッグ入り)しました。

_dsc09631

_dsc09651

_dsc09681

_dsc09691

_dsc09711 2週間後に乾ドッグの状況を見に行きました。

_dsc09711_2

_dsc09751 高圧洗浄してます。船首にバウスラスター見えますね。

 コンパスデッキ(操舵室の天井の甲板)上の(サーチライト)探照灯やカメラ、衛星ANT、LED表示板、レーダーマストに設置されていた機器全てが撤去されています。

_dsc09762 撤去前の状態↓(右舷から)、撤去後↑(正面)

_dsc09672 3週間後の3月下旬。操舵室が撤去されています。

_dsc10741 外板も腐食でデコボコに成っているのをパテのような硬化物で面一にしてるんかな?こんな姿を見ると解体しているんじゃ?と思ってしまいます。

_dsc10751 掃海艇「のとじま」が事故で修理不能(退役が近く、修理に数億円掛かる費用対効果の点からも)という事で、今では呉から舞鶴に転籍に成った「あいしま」が点検整備のため入渠するため沖合を曳航されています。

上記写真を撮った翌日、出渠しました。

_dsc11041

_dsc11061

_dsc11071

_dsc11081

_dsc11121 輸送艦「くにさき」の船尾に接岸です。

_dsc11141

4月初旬、接岸位置の移動です。

_dsc11881

_dsc11891

_dsc11911

_dsc11921 ドッグ脇の岸壁に接岸しました。

_dsc12861

_dsc12881

_dsc12891 見れば見るほど廃船かな~と。

ところが!ここから先が凄いんです!!。

_dsc13061

_dsc13081

_dsc13101 う・うん!?なんと!!新しい操舵室が=!

_dsc13151 そして、次には!

_dsc13161

_dsc13171

_dsc13181

_dsc13191 操舵室も一回り大きく成ってその後方に無かった船橋が追加されました。

424dscn02211

4月下旬ドッグ入りです。

_dsc12281

_dsc12311

_dsc12321

_dsc12341 5月初旬、乾ドッグを撮影。

510dscn02451_2 レーダマストが取り付けられていました。

510dscn02461 9月初旬、全ての整備が終わり出渠です。

Dsc_00531

Dsc_00571 遠目に見ると新造船の様に見えます。

9月初旬、燧灘で日帰り試運転を行い帰って来た所。

Dsc_17991

Dsc_18021

Dsc_18071 試運転の旗がはためいてますね~。

Dsc_18081

Dsc_18091

1週間後に再び試運転に出港しました。

Dsc_18161 沖合でタグボートにレーダアンテナの様にクルクル回って曳かれ機器の試験調整をしている様でした。

Dsc_18171

Dsc_18191

Dsc_18181 9月23日、早朝「せっつ」が最後の試運転に出港しました。

Dsc_18631

Dsc_18641

Dsc_18651

Dsc_18691

Dsc_18741

Dsc_18771

Dsc_18791

Dsc_18801 本船航路に向かい来島海峡を越え伊予灘で試運転を行いました。

2020年3月29日 (日)

巡視船 因島大橋通過「くにさき」「あぐに」「いしがき」

_dsc1098 2月下旬、向島の造船所から試運転のため燧灘に向かうPL09「くにさき」を撮影することが出来ました。第7管区海上保安本部 門司海上保安部所属。

1,000トン型巡視船「くにさき」のスペックは総トン数:1,500トン、全長:96m、幅:11.5m、兵装:20mm機銃、放水銃:1門。

_dsc10941

_dsc11021_2

試運転の旗をはためかせて航行です。

_dsc11071

_dsc11091 試運転を行うために燧灘に向かいました。丁度この日は海上自衛隊の輸送艦「くにさき」が午後、JMU因島工場に入港しました。燧灘で入港の時間調整をしていた輸送艦「くにさき」と巡視船「くにさき」の2ショットが沖合では見れたのにな~!。

_dsc08591 第十一管区海上保安本部 石垣海上保安部所属のPL89「あぐに」が点検整備のために向島の造船所に向かうため因島大橋で待ち受けしました。

_dsc08621

_dsc08651

_dsc08661

_dsc08721 PL89「あぐに」のスペックは総トン数:1,500トン、幅:11.5m、航海速力:23kt、兵装:20mm機関砲、遠隔放水銃:1門、2016年配属。

1月下旬、試運転を終え造船所に帰る所を撮影。点検整備を終えた「あぐに」は奇麗に成ってました。

_dsc10151

_dsc10171

_dsc10181

_dsc10201

_dsc10221

_dsc10251 「あぐに」と同じ、石垣海上保安部 所属のPL62「いしがき」が昨年末、造船所に係留されていました。未だドッグ入り前のようです。

Dscf07451

Dscf07471

Dscf07481

Dscf07491 PL62「いしがき」のスペックは、総トン数:1,349t、全長:89m、幅:11m、深さ:5m、航海速力:30kt、兵装:30mm機関砲、放水銃:1門、ウォータージェット推進。

造船所での点検整備も終わり燧灘へ試運転に行った「いしがき」が造船所へ帰る所を撮影しました。

_dsc08401

_dsc08431

_dsc08471

_dsc08501

_dsc08511

_dsc08551 船尾に日章旗をはためかせながら走る姿はカッコええな~!。

石垣島に配属されている巡視船は日本領海の正しく最前線で日々過酷な任務に就いています。これからも我が国領海の治安の維持と安全をよろしくお願いいたします。

PL09「くにさき」、PL89「あぐに」、PL62「いしがき」の航海のご安航をお祈り致します。

海上保安庁 巡視船「いよ」

_dsc1091 PM54「いよ」が造船所での点検整備を終え松山海上保安部へ帰港する前に救難救助艇を上架する所を撮影出来ました。

「いよ」は平成29年に配属された最新のPM型巡視船です。スペックは総トン数:650トン、全長72m、幅:10m、ウォータジェット推進、兵装:20mm機銃、

_dsc10761

_dsc10781

_dsc10801 遠く百貫島付近で走行試験の様な航行をしていましたが、しばらく見ていると陸地に近いところで漂泊している様だったので急いで場所移動して撮影しました。

_dsc10831_2

_dsc10841_2 ウォータージェット推進ならではの、その場での旋回をしてます。

_dsc10891

_dsc10901 旋回しながらクレーンを左舷に張り出して?と思ってたら

_dsc10921

_dsc10961 警備救難艇が現れキャッチアップしました。

_dsc10981 その後、180度旋回し松山へ向かいました。

_dsc10991

_dsc11021 珍しい光景を見られて良かったです。

2020年3月26日 (木)

海上保安庁 巡視船「なつい」「きたかみ」因島大橋通過

Dscn01041 PM58「なつい」手前とPM56「きたかみ」が係船中。2船が因島大橋を通過する所を撮影しました。最近では主流に成っているウォータジェット推進です。推進効率は従来のプロペラに比べ劣りますが高速航行に適しています。また噴射口が2つ有ればその場での旋回や横移動も出来るメリットが有ります。

Dscn01061 PMタイプ(500トン型のPatrol Vessel Mediumの略)で噴射口が2つです。

令和2年3月25日は両巡視船は造船所での点検整備を終え母港へ帰港の途へつきました。「なつい」と「きたかみ」は上記写真で見る通り同型船です。なのでスペックも同じです。

総トン数:650トン、全長:72mm、幅:10m、ウォータジェット推進、20mm機関砲、放水銃、船首部に防舷材装備(縦の補強材の様に見えるもの。強硬接舷対応のためかな?)2タイプの警備救難艇を搭載。右舷側は従来のFRP船で左舷と船尾にはゴムボートの様です。

午前中には第二管区海上保安本部福島海上保安部に所属している「なつい」がやって来ました。阿武隈山地を流れる夏井川からの由来です。

_dsc11401

_dsc114011

_dsc11421

_dsc11431

_dsc11471

_dsc11431_2

_dsc11491

_dsc11511 本船航路へと舵を取り福島へ向かいました。

「きたかみ」は福島県内を流れる北上川から由来しています。3月10日、造船所へ向かっている写真が撮れました。

_dsc09961 本船航路を外れこちらに向かって来ました。

_dsc09991 船首のアンカー周りに腐食が見られますね。

_dsc10061

_dsc10081

_dsc10071

_dsc10191 三原瀬戸へ向け航行して行きました。

3月25日「なつい」に続いて午後には「きたかみ」も造船所での点検整備も終わり奇麗に成ってやって来ました。今回は何時もとは反対側の向島側からの撮影です。

Dscn01131

Dscn01141

Dscn01211

Dscn01221

Dscn01251 この後、「なつい」を追う様に釜石海上保安部へと向かいました。

「なつい」、「きたかみ」のご安航をお祈り致します。

2020年3月21日 (土)

海上保安庁「すずか」「拓洋」因島大橋航行

_dsc10961 令和2年3月19日、点検整備を終えた「すずか」と「拓洋」が15分ほどの時間差で因島大橋を通過して任務地へ向かいました。

先ずは三原瀬戸から因島大橋に向かって「すずか」がやって来ました。

_dsc1082 「すずか」はウォータジェット推進なので船尾に白波が立ち、力強く航行しているように見えます。水上バイクと同じ原理で海水を後方に噴射して進みます。船名からも分かる通り三重県の尾鷲海上保安部に配属されています。

PL型(1,000トン型)巡視船総トン数:1,300t、全長:89m、幅:11m、スペックは海上保安庁H.Pからの引用です。

_dsc10861

_dsc10871

_dsc10911

_dsc10921

_dsc109611

_dsc10971_2 「すずか」は船首の形状に特徴が有ります。通常の船は正面から見ると滑らかなカーブに成っていますが「すずか」はアンカーのラインで角度を変え角ばった断面に成っており、これをナックルラインと言ってこの部分で波を打ち返し波浪の時でも波が甲板に打ち上げないようにしています。深さ:5m 

_dsc1083_2 深さ:7.3mの「拓洋」は通常の一般的な形です。

Photo 15分程して測量船「拓洋」が来ました。

_dsc1099

_dsc11021 測量船HL02「拓洋」のHLはHydrographic Survey VesselLarge」の略です。総トン数:2,400t、全長:98m、幅:14.2mです。「拓洋」は航海の安全や領海の権益などの調査を行っています。

_dsc11051

_dsc11081

_dsc11101

_dsc11131 「すずか」、「拓洋」の航海のご安航をお祈り致します。

2020年2月 3日 (月)

海上保安庁巡視船 「さど」

_dsc09832 海上保安庁巡視船の”さど”が点検整備のためにJMU因島工場に入港しました。

令和2年1月7日、入港の様子を撮影に行きました。

_dsc07391

_dsc07381_2 外観的には余り錆も浮いて無いようです。

_dsc07471

_dsc07511 掃海艇”みやじま”の向こうに接岸しました。

Dscf08101 数日後、ドッグ入りした様子です。アンカーも取り外されています。

ドッグでの点検・整備も終わり出渠(しゅっきょ:ドッグ出し)です。

_dsc09351

_dsc09401

_dsc09411

_dsc09421

_dsc09431 入港時の岸壁に接岸です。

さど 全長:92m、幅:11m、総トン数:1,250t、

30mm単装機銃x1、高圧放水銃x1

1月下旬、試運転のため出港です。

_dsc10001

_dsc10061 試運転の信号旗を掲げています。

_dsc10131 その後、備後灘で運良く放水試験の様子を見る事が出来ました。

_dsc09781

_dsc09821

_dsc09831 この後、燧灘に向かいました。

_dsc09861

そして朝の太陽光が反射する海面を漁業取締船がやって来ました。

_dsc09881 巡視船を追う様に大きな弧を描きながら燧灘に向かいました。

_dsc09931 1月31日、新潟海上保安部 所属の「さど」が母港へ向け出港しました。

何時ものように友人とお見送りに行きました。

_dsc10561_2 岸壁に有るポールにUW旗が揚がっています。巡視船は回答旗としてUW1が掲げられています。「さど」からは出港30分前!の放送。その後もOO運転・停止などマニュアルに沿った出港準備が行われていました。タグボートに曳かれ、いよいよ出港です。

_dsc10601

_dsc10661

_dsc10691

_dsc10721 180度転回し汽笛、長音1発そして、お見送りしている造船所の職員の方達へ皆で手を振っていました。

_dsc10731

その後、我々の前を通過する時もデッキやブリッジでも同じように手を振って頂きました!。

_dsc10781

_dsc10761 我々も一生懸命大きく手を振りました!。

_dsc10871

_dsc10881 本船航路へと。

巡視船「さど」の乗組員の皆さん有難うございました!!。

これからも我が国領海の治安の維持と安全をよろしくお願い致します。

 

2019年12月24日 (火)

海上保安庁 巡視船 「あきつしま」因島出港

_dsc05031 令和元年12月24日  早朝、海上保安庁 巡視船「あきつしま」がJMU因島工場より点検整備を終え出港しました。今回はドッグ入りはしなかったので塗装によるお化粧直しは無しです。

”あきつしま”のスペックは全長:約150m、幅:約17m、総トン数:6,500トン、主要装備:40mm機関砲x2門、20mm機関砲x2門、ヘリコプターx2機、第三管区 横浜海上保安部 所属。平成25年11月しゅん功です。

PLHPatrol Vessel Large with Helicopterの略で700トン以上の巡視船でヘリコプターを搭載する巡視船です。”あきつしま”のように特に大型の巡視船では2機のヘリコプターを搭載しています。

出港時間に成り船首・船尾にタグボートからロープが渡され離岸します。

_dsc04891

_dsc04911 本船航路へは手前方向からなのでもう少し沖に出て転回します。

_dsc04921

_dsc04931

_dsc04961

_dsc04971 今日も何時ものメンバーでお見送りをしました。

_dsc05001 UW旗(ご安航をお祈りします)を掲げ日章旗を振ってお見送りです。

”あきつしま”が汽笛、長音一発を発し別れのシーンを演出し感動を与えてくれるこの瞬間が何とも言えない一時!。おっさんは、車や電車と違ってアナログ的な船の別れが大好きなんです。

_dsc05031_2

両手を振ったり帽子を振ったりしてデッキ(甲板)やブリッジ(船橋:操舵室)に居る人達に、さようなら・お元気でー!とお別れを告げます。それに応えるように乗組員の方達も帽子を振ってくれました。

_dsc05051 目の前を通過するこのタイミングで手旗信号でも”サヨウナラ オゲンキデ”を発信すると乗組員の方からも手旗信号での返信がありました。通り過ぎて行く所だったので遠くて内容の判別が出来ず残念でしたが凄く嬉しかったです。有難うございました!。

_dsc05081

_dsc05121

_dsc05141

_dsc05111

_dsc05191

_dsc05221 本船航路へ備讃瀬戸(瀬戸大橋)、明石海峡経由で母港の横浜へ向かいました。

これからも我が国領海の安全・治安の確保をお願い致します。

”あきつしま”のご安航をお祈り致します。